肌ケア.com

肌ケア.com

症状改善のための薬を毎日継続して少しずつ症状を改善しよう

シミが出来たらそれは肝斑かもしれない

ただのシミの場合もあれば実はそれが肝斑だったということもあります。シミはくっきり目立つことが多いですが肝斑の場合は薄い色で顔に広がっていくことが特徴的です。肝斑のセルフチェックをすることもできるので、顔の出来たシミが肝斑なのかをチェックしてみましょう。

ホルモンの影響で出る症状

レディ

基本的に内服薬による治療

大阪の美容皮膚科や美容外科で肝斑の治療をすることが可能ですが、基本的に肝斑は整形手術などをせず内服薬で症状改善を促していきます。しかし、レーザー治療も可能なので、どちらがいいのかじっくりと話し合っていきましょう。レーザー治療なら最新の肌に負担をかけず、美肌効果が得られるものがあるのでそれを検討するといいです。

服用は長く続けることが大切

肝斑を治すためには大阪の専門病院で定期的に薬を処方してもらいましょう。1日ごとに決められた錠剤を飲むことで徐々に症状改善をしていくことができるはずです。症状緩和が見られたら更に薬の服用を延ばして様子を見ていきましょう。

女性ホルモンに影響する薬はNG

肝斑は女性ホルモンのバランスによって肌にできやすいとされているため、生理痛を緩和するためのピルを飲んでいるときや妊娠中は注意が必要といわれています。妊娠中や他の薬の服用で肝斑が出来る確率が上がるので、急にできたと悩む人も多いのです。

病院へ受診するときの注意

大阪の病院へ行くときは化粧をせずにすっぴんの状態で診察を受けるようにしましょう。化粧をしていると肌の症状が隠れてしまうため医師がしっかりチェックすることができないからです。また他にも薬が処方されている場合はそれを医師に伝えておきましょう。